辛い選択



今朝 ある先輩女性にお会いしました

お話は他の先輩女性から伺っていたのですが ご本人から直接お話を聞いて

ご夫妻のお気持ちを思うと 聞く側も大変辛い気持ちでいっぱいになりました



CIMG6775_convert_20130811072756.jpg



咳がなかなか止まらず タンに血が混じったそうで 検査に行かれた所

ご主人さまの肺に 大きな腫瘍がふたつ発見されました



『日本かハワイ どちらで入院 治療をすべきか?』

日本にもハワイにも大きなお家を持っておられ 永住権も持っておられます



夫がね 入院中の食事は和食じゃなきゃイヤだって言うの

でもアメリカだと長く入院させてくれなくて すぐに家に帰されるから

そうしたら自宅で私が食事を作ってあげられるし 



CIMG6776_convert_20130811072858.jpg



お子さまが米本土のドクターで 来週3人でいろいろと決める事になったと



CIMG6779_convert_20130811073003.jpg



私達も今回の夫の両かかと骨折の事故以来 ふたりのどちらかに

何かがあった場合の事を 時々話し合うようになりました

幸いな事に次男が医学の道に入った事で 少し氣が楽になった事は確かです

家族に医療関係者がいるのといないのでは 安心感が全然違います



でも今回の夫の骨折で初めて知った事ですが 介護にヘルプが欲しかったけど

友人達が何かお手伝いに行こうか? とか ヘルプいる? とか

電話やメールで尋ねてくれたりもしたのですが 実際介護される側としては

トイレやシャワーや着替えなど 人にミジメな自分を見られたくない

痛みがあるだけでも1日中イライラしている時に お見舞いに来て貰って

氣を使って話をして もっともっと疲れるから来て欲しくない

それが介護される側の気持ちなんですよね そりゃあそうだと思いました

私にだって ミジメな姿をさらけ出してさぞ悔しかった事と思います



CIMG6804_convert_20130811073202.jpg



だけど介護している私の気持ちとしては 少し休みたい ブレイクが欲しい

休みたいけど 友達や家族にだって手伝ってもらえる事ってほとんどなくて

来て頂いても かえってこちらは気を使い また用事が増えるだけで 

その後お礼も考えなくちゃいけない そう思うと本当に自分で頑張るしかなく



そして一番欲しいなと思ったのが 介護保険です お金で解決です

淋しい感じもしますが 実際 専門知識のある人に来てもらえれば

安心して介護も看病もお任せ出来ますし 家族への負担も少なくなり

看てもらう人も 看る人も 気楽に頼めますから心に余裕ができます

心に余裕ができると 人は人に優しくなれます 長期戦には大事な事です



CIMG6803_convert_20130811090634.jpg



私は夫よりも10歳も年下で おまけに気功と水泳が趣味という健康人間

なので今回の夫の両かかと骨折も なんとか乗り越えられましたが

これが私が大病を患ったり もっともっと先に夫が長患いをしたらと考えると



ハワイで老後をって 本当に幸せで素敵で理想的だと思いますが

実際の話 お金がものすごくかかる事を念頭に入れて生活しないとな〜って

友達も心の支えにはなって貰えても 実際大変な時は自分達で乗り越えないと



今朝も その先輩女性とお話をして 別れ際に

「なにか 私に出来ることがありましたらいつでもお電話下さいね」

と私が言うと 「ありがとう お互いさまでね」と言われ気付きました


私も いろんな人に何度も同じような優しい言葉掛けをして頂きましたが

ありがとうございます と答えるだけで 誰にも助けは求めませんでした


何故なら 実際に助けて欲しい事は 介護される側にしてみたら

知人にだけは して欲しくない事ばかりだからです



CIMG6801_convert_20130811073057.jpg



日本は今 高齢化社会でとても大変そうですね

私達もこれからの人生を真面目に考え 人に迷惑を掛けることなく

夫婦で助け合って 願わくば元気で慎ましく寄り添って 

日々に感謝して生きていきたいと 改めて人生を考えた雨の1日でした




         Live Aloha




* 本日の夫のウォークアウト

お家の周りをウォーカーを使っての歩行訓練 



* 本日の私の ウォークアウト

7時から水泳 1600m



スポンサーサイト

Comment

No title

この歳になったから考えることのできる大きな問題ですよね。
日本は介護保険制度が出来て間もないけど
うまく活用していけば結構な助けになります。
実際に一人暮らしでも介護保険のおかげで
家のことやお買い物などをお願いしている人を何人か知っています。
まずは自分の親から経験し次が自分の番。
いずれにせよ私の場合親一人子一人だから
ちょうど忙しい世代の子供に迷惑をかけないように逆算し
それなりの施設で「老人の集団生活」に入りたいと予定しています。
今年55歳だから、これから10年、65まで仕事をうんと楽しむ。
65から75までは引退して遊びたいなあ・・・
70になったら施設選びだ。
どこに住むかも決めなきゃね。
もう親もいないだろうから見知らぬ土地でもいいのよね。
本当は東京に住みたいけど地震のリスクを考えると
どうしても九州・・・やっぱり福岡かなあ・・・と思います。
75歳で入居してもタクシーなんかで美術館とか行きたいもんね。
っていうか、行きたくなるような年寄りになりたいね。
私たちの一回り上が団塊の世代でうんと人数が多いから
きっと私たちのころには施設が余るはず(笑)
ってな人生設計を立ててるんだけど
人生って予定通りにはいかないからなあ・・・
なにはともあれ健康第一!

日本はもっと若者を大事にすべき

アロハ〜、アネゴさま。

そうですね。日本には介護保険制度が出来ました。
それは良い事だとは思いますが、どうなんでしょう。
若い人達の負担もかなり大きくないですか?

日本は子供を育てる国ではなくなっています。
若者を育てない限り、国の発展ってないじゃないですか?

アメリカは医療費が驚くほど高いです。
フツーに健康保険を入るのだって、1ケ月ひとり500ドルくらいいるんですよ。(1ドル=100円と考えて、5万円)我が家は今、3人で1ケ月1300ドルほど支払っています。なんにも病院に行かなくってもです。日本の高卒の初任給ですよ。保険代。もちろん車の保険代、生命保険、別ですよ。

アメリカは厳しいです。日本は借金国になって当然なんですよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)