アメリカシチズンを取るには?



沢山のお祝いの電話やメールを頂きまして 本当にありがとうございました

そして多くの人から「どうやったら取れるの?」 との質問がありましたが

私はモイリリコミュニティーセンターの アメリカシチズンクラスを受け

満江ムーア先生から日本語で アメリカの歴史などいろいろと習いました

受講料はたったの20ドルで 10回程通いました 



CIMG3367_convert_20130329095913.jpg



シチズンアプライの記入も習えますし オフィスでタイプを打っても下さいます

弁護士費用に比べたら どんなに安いことでしょう



私の場合 昨年の秋のクラスを受け 

書類等がすべて揃ったことを先生に確認して頂き 申し込み代$680と共に

申請書を送りました



CIMG3365_convert_20130329095818.jpg



次のステップは $680ドルと申請用紙の受け取り書が届きまして

それから1ケ月程経つと 指紋接種の案内が届きます

指紋をとって問題がないと また1ケ月程して今度は試験の日程が届き

試験に合格しますと また1ケ月程して宣誓式の案内が届きます



CIMG3397_convert_20130329100047.jpg



そうして宣誓式を無事に終えれば 無事にアメリカ人の仲間入りです

難しいことなどありませんが ムーア先生のクラスを受けると安心で 

必要なものもすべて確認して頂けて 弁護士費用の100分の一位?



アメリカシチズンを取ろうとお考えの方は 是非

モイリリコミュニティーセンターにお電話して アメリカシチズンクラスの

満江ムーア先生のクラスを 受講してみて下さい

今すぐに取らなくっても 勉強にもなりますよ お勧めです



ちなみに65歳以上になりますと 試験がすごく簡単になります

100問覚えなくっちゃいけない試験問題が 20問となり

通訳も付けてくれるそうですよ 



       Live Aloha



本日のウォークアウトメニュー

朝7時15分から 水泳 500m

朝8時半から9時半 ホ’オピオピオ

朝9時半から10時 ストレッチクラス




スポンサーサイト

Comment

No title

なんと!
信じられないくらい簡単なんだね。
そのくらいで市民権を与えるなんてさすがはアメリカだ。
少子高齢化が進む日本も
そのうち就労人口ががくんと減るだろうから
そんなことでもして海外の労力を集めなきゃならない時代がくるはず。
まあ、同じ人間なんだから境があるほうが
私は不自然だと思うけどね。

簡単と言えば簡単なのかな?

アロハ、アネゴさま。
いつもコメントをありがとうございます。
そうですねぇ、アメリカは移民の国とも言えますから、簡単だと言えば簡単かもしれませんが、そうでもない部分もあるのではないかと。
試験に関しましては、また詳しく時間のある日にブログにアップしたいと思っています。
私が嬉しかったのは、ハワイで暮らすアメリカ人のたくさんの友人達から「ウエルカム トゥ ユナイテッド ステイツ!」って言われて、笑顔でハグされたことでした。
日本が他国民を受け入れるようになったら、そんなこと他の国の人に言うかな?そして笑顔でハグするかな??
そう思うと、やっぱり私にはアメリカが合ってると思ういます。でも、かと言って日本を全面的に否定する氣にはなれませんよ、もちろん。
日本の良さを生かして伸ばしてくれる大人が、今、少な過ぎますねぇ。
私の子供の頃は、尊敬出来る、お茶の先生、お花の先生、着付けの先生、お習字の先生、生活の起点の周りに、素晴らしいお師匠さんがいっぱいいて下さった、そういう環境で育ちましたが、今の時代には、、、
新しい視点で、私達世代が何かをやらなければいけないのかもしれません。私も今、模索中です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)