「I have a Dream」 by Martin Luther King, Jr.



私は今コミュニティーセンターで とあるクラスを取って勉強していますが

10月30日のクラスは 今までの中で一番素晴らしかったです

この日の授業内容の後半は Martin Luther King Jr.についてでした



DSCF3026_convert_20121101065948.jpg




幼少の頃 近所に住んでいた白人の息子さんと毎日遊んでいたキング

しかし小学校に入学する前の 6歳のある日 その白人の子供の母親から

「黒人のあなたと一緒にうちの息子は 二度と遊ばせません!」と

人生で初めてキングが体験した人種差別だったそうです ひどいですね



キングはアフリカ系の黒人に対する人種差別に抗議をし 牧師となり 

すべての人々が平等の権利を獲得出来るよう尽力を尽くされました



その頃のアフリカ系黒人達は 奴隷として扱われていました

その頃の様子を授業中にテレビ画面を通し 見せて頂きましたが

警察犬を使って無抵抗の黒人を襲わせたり 手足や警棒での滅多打ち 

高圧ホースで水をかけたり それはそれは目を開けていられない光景でした

涙なくては見ていられなかったのは 私だけじゃなかったようです



それでもキングは徹底した「非暴力主義」を通し 

「目には目を歯には歯を」というような暴力で歯向う事は避け

『Civil Rights』  市民的権利 公民としての黒人・女性・少数民族などに

与えられるべき平等権のために一生を捧げた人で 1963年8月28日

ワシントン大行進において “I Have a Dream” で始まる演説を行いました



DSCF3309_convert_20121101071313.jpg



この日の授業で習ったスピーチが あまりにも私の心にグッときましたので

この場でスピーチの一部を 皆さまにご紹介させて下さい



I have a dream that one day on the red hills of Georgia,

the sons of former slaves and the sons of former slaveowners

will be able to sit down together at table of thebrotherhood.


(訳文; 私には夢があります  ジョージア州の赤土の丘の上で 

 かつての奴隷の子孫たちと かつての奴隷主の子孫たちとが一緒に 

 兄弟として同じテーブルに向かい腰掛ける時がやってくるという夢が)



子供の頃深く傷ついたキング でもその傷を自分の夢へと変えていきました

傷ついた心も身体も キングのように夢に変えて多くの人のためになれれば

それは 本当に素晴らしい人生だと 



DSCF3303_convert_20121101071112.jpg



スティーヴィー・ワンダーが作詞・作曲した「Happy Birthday」は

マーティン・ルーサー・ キング・ジュニアに捧げられていますし

マイケル・ジャクソンの「History」にも

「I Have a Dream」で有名なスピーチの一部が引用されています



アメリカってやっぱり 良い国ですね

いろんな各方面の先駆者たちのこうした苦労や努力が 我々の幸せに繋がって

 

どんどん好きになって行くアメリカの歴史を学ぶ機会を与えられ 



DSCF3189_convert_20121101072950.jpg



どんなことが起こっても 明けない夜はない

『自由と正義のための夢』 キングがスピーチした「I have a Dream」



私の心の奥の奥の奥の魂にまで届きました   




    Live Aloha & Mahalo for Martin Luther King, Jr.




火曜日のウォークアウトメニュー

朝7時15分から8時15分 シホ先生のヨガ

朝8時半から9時半 ハロウィ〜ン•ホ’オピオピオ





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)