秋晴れ in ハワイカイ

毎年この季節になると受ける インフルエンザの予防接種

接種後必ず2〜5日体調が崩れるので ある年受けずに冬を迎えましたら

風邪をこじらせて1ヶ月程具合が悪かった事がありました



DSCF2745_convert_20121020062516.jpg



どうしたものかと カイザーのある看護師さんに相談をしました所

「私はね 予防接種を受ける4時間前にタイラノールを飲んで 

接種後すぐに またタイラノールを飲んで 2日ほど飲み続けるの

すると 大丈夫みたい」 って教えて頂き3年程真似をして飲んでいました



DSCF2868_convert_20121020072731.jpg



だけどそれってよく考えてみれば 『毒を以て毒を制す』 この意味は 

毒に当たった病人の治療で 別の毒を用いて解毒することから

悪を滅ぼすために 別の悪を利用するということ って意味ですが

これを身体の中で試すって どうなんでしょうね



DSCF2871_convert_20121020073128.jpg



私の親友は 長野で薬剤師さんをしていますが 「薬は良くない」って

結局 悪い所には効いても 良い所に副作用が出るので

負の循環が重なると どんどんと薬の量が増えて行く事になってしまう



DSCF2872_convert_20121020073439.jpg



今年は結構身体も鍛えているし チャレンジ精神で 

予防接種の後 タイラノールも飲まずにいますが 大丈夫なようですよ 

でも 接種後に疑問を持ちました

私の体重は100パウンドもない 夫の体重の3分の2もないのに

考えてみれば アメリカ人の男性の半分程の体重しかないのに

同じ量の薬を投与されたのでしょうか? たぶんそうでしょうね

これって いいんでしょうか? 

来年からは「子供の分量にして欲しい」って言ってみようと思います



DSCF2869_convert_20121020072928.jpg



夫の事も同じですが 血液検査の結果で『糖尿病だ』と言われ薬を勧められ

だけどあの時 シュンとしている夫の隣にいて 私 お医者さまに

「3ヶ月 待って下さい」そう言って本当に良かったって今 思っています



知識って 邪魔にならない 幾つになっても大事ですねぇ    

物は古くなったり いらなくなったりすると 邪魔になって困るけれど
                     
古い知識というのは また新しいアイデアの力になったり役に立ったり

学習って 年齢に関係なく必要だと改めて思いました



30&40歳代の頃には分からなかった事 い〜っぱいあります 

時間と生活と気持ちに余裕ができてくると 見る角度が変わってきてそして

気付く事も多々あり 女性としましては 育児の経験っていうのは

本当にとっても大事なことだったように思い そしてそれはこれからもですが 

最後にたどり着くのは やっぱり家族の健康が一番大事のように思います



素晴らしい秋晴れのハワイ 小さくて大事な気付きに感謝をして




    Live Aloha




本日のウォークアウトメニュー

朝夕のお散歩 w/ 夫&ポノ ONLY

(今週はケミカルと順応しようとしている身体を休めてあげようと)





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)