病は気付き



風邪と違ってインフルエンザの場合 たった1つのインフルエンザ•ウイルスが

24時間後には体内で 約100万個にまで増殖するそうです 恐るべし!



そのため インフルエンザに感染すると

ウイルスから体を守るために いきなり38℃以上の高熱が出るのだそうです



あ〜 今日も頭が痛い〜〜〜

いいお天気だというのに 寝室のベットの中から外の景色を眺めています



CIMG2906.jpg



お薬を飲んで2時間位すると 頭痛は殆ど消えるのですが

お薬が切れてくると また同じように頭部に痛みが蘇ってきます



痛みがひどい時は心も凄くネガティブになり 不平不満が顔に表れてきます

おまけに髪はボウボウで 眉間にシワがより 目の下にクマまで出来て



二日ぶりに鏡をのぞいた時 自分の疲れ果てたあんまりにも醜い顔に

『びっくりぽん〜!』 なんて 可愛い表現で言い表せるはずもなく

おぞましき56歳の素顔に ひっくり返るほどびっくり仰天してしまい(汗)

こんな顔の妻を見ても逃げ出さずにいる夫は 表彰状もの(笑)です




夜 キッチンにお水を取りに行くと 満月がココクレーターの後ろから

お顔を出して 私の方を見て笑っていました(高熱のため幻覚?)



CIMG2910 copy



いえいえそれは ありがたい気付きに対しての花丸笑顔だったんですよ ♡



病気の子供を見ていると 切なくて やるせなくて 可哀想で

何でもしてあげたくなるし その病 私が変わってあげたいってさえ思うけど

ある程度 年齢も重ね 健康な時でも素顔でいると病人みたい(笑)なのに

ぐったりと病気の時には ちょっと位無理してでも 

『可愛い病人』 にならなくっちゃ〜ね って 思ったんです



だって昼間 鏡で見た時の 私の形相(ぎょうそう)は 

醜さを通り過ぎて 怖ささえ現れていましたからね(笑)



『ありがとう力』 を もっともっと & 更に身につけなくっちゃ〜

それには普段から 何気ないことにも ありがとうと瞬時に思える習慣づけ

辛くても痛くても 文句の代わりに 「ありがとう」が言える心を育てておくこと


辛い時の 辛い当人から出る 『ありがとう』の言葉は 

周りの人の心を 優しい気持ちにしてくれるように思いました


病気とは いつかあの世へ旅立つ日のための 

『プラクティス(練習)』 に成り得るかもしれませんね 



まだまだだな〜〜〜 私   ♡♡♡♡♡   



明日は こんなひどい顔の私を見ても逃げ出さない夫に

何度言えるかな? 「ありがとう〜」 って





        Live Aloha & Live Arigatou





本日もノーエクササイズ




スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)