アメリカで医者になる道のり



久しぶりに 次男がご飯を食べにやってきました

残念ながら奥さんのジェィミーは サッカーへ(サッカーチームに入ってます)

今日は用があってやって来たのですが また具合が悪そうでした



祐介は子供の頃から怪我ばかり 首から上だけで50針以上の縫い傷

その代わり 病気というのは殆どぜずに大きくなりましたが

ハワイ大学の医学部に入って以来 痩せて具合の悪い日が増えるばかり



医学生と結婚生活の両立に無理があるのかも と思いますが

本人が決めたことなので 見守ることと手助け出来ることはしてあげる以外

母親の私に出来ることは ありません

でも 具合の悪い息子を見ているのは 辛いものです



CIMG8293_convert_20151116155000.jpg



今日は しゃぶしゃぶと 野菜のかき揚げと一口かつを作りました

お持ち帰り出来るように 揚げ物は2時間かけてい〜っぱい揚げました

しゃぶしゃぶは冷しゃぶにして ジェィミーにお持ち帰り

その他にはオーガニックの果物やクッキーなど 手土産に用意しておきました



CIMG8295_convert_20151116155105.jpg



「今は カピオラニ•ホスピタルで入院患者の乳幼児のお世話をしている」って


(ハワイ大学医学部は4年で 1年&2年生は カカアコの医大で勉強

 3年&4年生は 病院で医師の下で実地訓練)


「病気の赤ちゃんや子供を見ているのは 本当に辛いよ

その子達のお父さんやお母さんを見ているのも すごく可哀想で辛い」って



場の氣って必ずあるから そういう悲しい氣の場所に毎日いるから

祐介は優しいから 病気にもなりやすいんだろうと思いました 



だけど お母さんには何もしてあげられません 

毎朝 神さまと仏さまに 無事を祈ることしか してあげられません



CIMG8298_convert_20151116155220.jpg



ところで 日本だと高校を卒業して 6年間医大に通って

国家試験に受かったら医者になれるけど ハワイではどうなの? って聞くと

まず4年生の大学を出て いったん社会に出て仕事やボランティアを経験して

医大に入る平均年齢が27歳 大学の2年生の終わり頃大きな試験があり

次男と同期で入学したのが66人(1500人受験)で その中の4人が落第

次は3年生の終わり頃 また大きな試験が2回 その2回共試験に合格をすれば

就職活動を始める 就職はハワイ以外の州へ最低3年 

そして専門医の資格を取る という流れなのだそうです

日本でいう国家試験というのとは 少し違う感じです



CIMG8299_convert_20151116155347.jpg



食事が終わると またサッサと帰ってしまいました

私も少しでも寝た方がいいと思いましたので 引き止めもしませんでした



日曜日は朝一ヨガへ行くのが通常ですが 家族が一番大事です

昨日から準備をし 沢山のお料理を作り その殆どを持って帰らせました



思えば私の母もそうでしたが 子供って親と同じことをするんですね

私もそういう母に育ててもらったんだと思うと 母に感謝も出来ました



あと 私に出来ることは 『祈る』という神に捧げる心だけで

心優しいお医者さまになってくれますように と 

願い祈る ただそれだけです 



これ以上 病気をせずに元気でいてくれますように




   
            Live Aloha & Live Arigatou





本日はノー•エクササイズデー






スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)