感謝



早朝スイミングが と〜〜〜っても気持ちのいい季節になり 幸せな私です

スイミング•ラバ〜 です♡



今朝も朝5時から 夫とジョンの朝食を作り

朝5時50分に家を出て オアフクラブへ泳ぎに行きました〜 



アーリーバードが20人ほど ゲートが開くのを待っていました

朝6時丁度にゲートが開けられ みなさん階段を上ってプールへと向かいます



その時 私の前を歩いていた83歳のエバリンが ふらっとよろけ

階段を踏み外しそうになり 真後ろにいた私の方へ グラリ!



私はとっさに自分のカバンから手を放し 右手で階段の手すりを掴み

左手と私の身体全身の重みで エバリンをしっかり受け止め

エバリン! って ものすごい大声で叫びました



私は体重が42kgほどしかないので 人を支えるってとっても大変ですが

私の大声にふと我に帰ったエバリンは 身体を元に戻すことが出来たのです



私の後ろの人達が 

「しょうこよくやった! エバリンと私達の命を助けてくれた」

そう言って 朝からいっぱいいっぱい皆さんに褒めて頂きました(喜)



CIMG3662_convert_20150502090314.jpg



その後 泳ぎながら 昔のことを思い出していました

ずっと前にも 同じようなことがあったのです



それは気功の平野宗家が もう大分お具合が悪い頃

ご自宅の前のドアの所で 意識がもうろうとして倒れそうになられ

その時 私しかいなくて

「宗家! しっかりして下さい! 私は宗家の体重の半分しかありません!

宗家! ちょっとの間だけ この柱を持っていて下さい!!」

泣きそうな自分をこらえて 大声で叫び 宗家の手を柱に捕まらせて

必死で近くにあった椅子を持って来て 宗家を座らせ 911に電話



そんなこともありました(涙) そんなことを泳ぎながら思い出したら

泳ぎながら涙が出て来て ゴーグルが雲って視界がほとんどなくなっていき



宗家の時もエバリンの時も 助けさせて頂けた後 心から感謝しました



こんなお役目を授けて頂き 人さまの命を助けることができた幸せ

今の自分が ここに存在する理由を与えて頂けたこと

この私に 大きなお役目が与えられていたのだということが嬉しかったのです



CIMG3551_convert_20150423130335.jpg



泳ぎ終えて 髪を乾かしていた私の所にエバリンがやって来て

「しょうこ 本当にありがとう

 両手に物を持って階段を上がっていた私は 間違いだった

 これからは片手で物を持って もう片方の手で手すりを持つ

 ありがとう しょうこ 素敵な1日をね」 そうおっしゃったのです



83歳のエバリン 素敵過ぎます



私の長男と エバリンのお孫さんが友達で

いっつもエバリンは私の長男のことを気遣って

「竜也 どうしてる? 元気にしてる?

 竜也は本当にナイスボーイね」と言って 度々尋ねて下さいます


今朝は神様からの粋なお計らいで エバリンを助けることが出来ました

神様にも 宗家にも エバリンにも 心から感謝をした朝でした




      Live Aloha




本日のウォークアウトメニュー

朝6時10分から 水泳1400m

朝8時から Piyoクラス

朝8時半から9時半 タバタクラス





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)