2014年 ありがとうございました



大晦日の夕暮れ時 いつものお散歩コースのポートロックです



CIMG1114_convert_20150101205746.jpg



ポノも私達も 大好きな浜辺



CIMG1127_convert_20150101205916.jpg



安息の ひとときです



CIMG1136_convert_20150101210611.jpg



やしの木も嬉しそうに 風になびいています



CIMG1145_convert_20150101211137.jpg



2014年最後の 大晦日のサンセット



CIMG1128_convert_20150101210043.jpg



夕陽が もっともっとって 空に向かって放射線状に降り注いで下さって



CIMG1132_convert_20150101210324.jpg



お陽さま 今年も1年

来る日も来る日も 私達のために現れて下さって 



朝には 私達 生きとし生けるもの みんなに

清々しくて力強い朝の光を 惜しみもなく降り注いで下さって 



夕暮れには 最後のひと光まで 優しく私達を包んで下さって

今年も1年 心からありがとうございました

(年を経ると共に こういう気持ちは強くなってくるものなのですね)



CIMG1137_convert_20150101210739.jpg



夜には昨年に引き続き 天台宗ハワイ別院の護摩法要へ出掛けました



CIMG1163_convert_20150101211314.jpg
                          荒了寛先生


昨年の3倍くらいの人が お集まりでした


まずは 『報恩念仏』

町田宗鳳先生の ありがとう瞑想



荒先生が おっしゃいました

瞑想なんてね 1時間もやれと言われてもなかなか出来ません

1時間も黙って座っていたら あれやこれやいろんなことを考えてしまう

それも ろくなことを考えないものです



だけど 1時間「ありがとう ありがとう」と言っているうちに

心に滞っていた怒りや憎しみ悲しみが 消えていくんですよ と



荒先生のお声に合わせて「ありがとう」を たった3回唱えただけだったのに

心の底から お清めして頂いたような氣になりました


今回は 夫と初めての『ありがとう瞑想』だったことも

素直な気持ちで 1年のお清めとなったように思いました



ありがとう を唱えていたら

なんて素晴らしい1年だったのだろう という感謝の気持ちが湧いてきて

町田先生と クリスタルボール奏者の知里さんに

無性にお会いしたくなりました 



町田先生 知里さん 

今年も1年 心からありがとうございました



CIMG1166_convert_20150101212026.jpg



そして その後は『護摩法要』

みなさんで 「おんころころ せんだり まとうぎ そわか」

と 唱え続けます 

その間に みなさん ひとりひとり名前を書いた薪木を火に入れ燃やし祈ります




護摩法要とは

護摩の炉に 細長く切った薪木を入れて燃やし

炉中に 種々の供物を投げ入れ(護摩焚き)

火の神が 煙とともに供物を天上に運び

天の恩寵にあずかろうとする 素朴な信仰から生まれたものである

火の中を 清浄の場として仏を観想する (Wikipedia)



CIMG1173_convert_20150101211438.jpg



護摩法要のあと 荒先生のお話がありました

2015年は 未年(ひつじどし)

メェィメェィの羊を表していますが 実際は未年(ひつじどし)と書き

『未』という字の由来は 種をまいて根が出て 育っていく

だけど 木はまた伸びきってない これからもまだ伸びる

まだ熟しきらない成長途上の木 が 『未』という漢字の由来だそうです



だから まだ未達成なこと 計画したことなどを

達成しなくっちゃいけない年 それが未年 2015年なのだそうです



CIMG1175_convert_20150101212150.jpg



荒先生 本年も大変お世話になりました 

ありがとうございました



CIMG1180_convert_20150101212345.jpg



2015年も どうぞ宜しくお願い致します

お身体ご自愛下さって ずっとずっとず〜っと長生きして下さいね




みなさま 今年も1年ありがとうございました

また 来る年も どうぞ宜しくお願い致します





      Lots of Mahalo & Live Aloha





今年最後のウォークアウトメニュー

朝9時から9時半 タバタクラス

朝9時半から10時 


「強くて健康な身体に生んでくれて お母さん ありがとうございました」

 54歳 やっとこんな一番大事なことに 今夜初めて気が付きました


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)